任意売却のメリット・デメリット

メリットとデメリット

残ってしまうローンの月々の返済額の交渉

社長の写真 任意売却で不動産の売買が完了をしても、住宅ローンと物件の売買代金の差が残ります。 この残る差額のことを残債務と 言います。

この残債務には、マンションを売った後も、家を取られてしまった後も返済をしなければならない義務があります。 しかし、任売で処理を した場合には、この月々の返済額の交渉が出来ます。 債務者(たぶん、貴方)の収入(収支)を考えてくれて、貴方の生活に支障の起きない 返済額を認めてもらえる可能性が高いのです。 例えば、月5,000円の返済だとか月10,000万円だとか、貴方の収入に合わせた返済額を 債権者側が認めてくれる可能性が高いのです。

任意売却の最大のメリットは、この残る債務の返済額の柔軟性に尽きると思います。


ページのトップ »

任意売却のデメリット?

ブラックリスト記載

住宅ローンを或る一定期間滞納/延滞をするとブラックリスト入りです。 任意売却は住宅ローンの滞納・延滞が生じて初めて認めてもらえます。

従って、任意売却をするからブラックリスト入りでは無くて、住宅ローンの滞納・延滞でブラックなのです。

しかし、売ろうにも売れないマンション/戸建を抱えて、苦肉の策で任意売却に走る方々には、このブラックリスト入りは躊躇せざるを得ないと 考えます。

ページのトップ »

競売のデメリット

競売でもローンの差額が残ります!

競売の落札価格と未払いの不動産ローンの差額の事を "残債務" と言います。
この残債務には返済の義務が有ります。 この残債務の月々の返済額の交渉は貴方ご自身で債権者/抵当権者と行わなければなりません。 弁護士さん にお願いをすれば弁護士さんが行ってはくださいます。

住まいは取られる、住まいから追い出される、そして弁護士費用はかかる。 この残債務の返済の一事を取っても任意売却の方が全然有利だとお考えになりませんか?



任意売却のデメリットのトップ »

任売は面倒臭い!

任売は煩わしいです

任意売却での不動産処分は、とにもかくにも煩わしいです!

例えば、物件に興味を持って下さった方が出たとします。 その方が、突然、当日の午前中(土・日・祭日が多い)に、今から物件を見に行きたい から手配をしてくれ等という注文は日常茶飯事です。
ところが貴方は、今日は家族とピクニンックだ、なんて日にぶつかった日には、貴方はチョット切れるかも知れません。

でも、事実こんな事は頻繁に起こり得るのです。 反面、競売はこういう点では信じられない位いに楽です。 総てを無視していれば一件落着です。

任意売却のデメリットのトップ »

残る債務額の差

任意売却の残債務

競売での落札額よりも、任意売却での売却額の方が一般的には高いのです。 売却代金が高いという事は、残る借金の額も減るということに なります。

従って、任意売却の方が残る借金が少ないということになります。 残る借金が少ないということは、月々の返済がその分、楽になるという ことです。

任意売却のメリットのトップ »

保証人に迷惑がかかる

保証人には迷惑はかかります!

競売でも任意売却でも自己破産でも債務整理でも、保証人には絶対的に迷惑はかかります。 避けようがありません。

貴方が自己破産をしたら、保証人も自己破産しなければならないケースがほとんどです。 保証人が公務員の場合、支払請求はその方に 押し寄せます。

任意売却のデメリットのトップ »

ご相談ください!

駄目で元々でしょ

胸の内をお聞かせください。 電話でのご相談でしょ。 お顔が見えないのです。 恥ずかしがることなんかありませんよ。 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の大損です

貴方お一人で悩んでいても道は開けませんよ。 私たちプロに頼ってください。 任意売却のプロのアドバイスを参考にしてみてください。

任意売却のメリットのトップ »