不動産競売の流れ

不動産競売の大まかな流れです

融資を受けている金融機関、地域および業者により多少の相違がございます

競売を考えなければいけない時
住宅ローンを滞納しまい、銀行から期限の利益の喪失が来たとき
住宅ローン保証会社から代位弁済の通知が来て一括返済を求められているとき
担保不動産競売開始決定通知が届いたら。
残る住宅ローンの一括返済ですので、現金がご用意出来なければ債権者は、持ち主の意思を無視して競売で現金化して回収を図って来ます。
[ 1 ] 住宅ローンを滞納
1ヶ月住宅ローンの支払いを遅延すると、督促状が来ます。
[ 2 ] (銀行)債権者からの呼び出し・その後の支払いについての相談
約2ヶ月住宅ローンの支払いを滞納すると、債権者から呼び出され返済について話し合いの場がセッティングされます。 この時に、月々の返済額 の減額を認めてくれることも有ります。
[ 3 ] 銀行の提案に応じない
債権・担保物権などが求償権の範囲でローン保証会社に移転して、完全なる不良債権として扱われるようになります。
そして、個人信用情報に事故としての記録が残ることになります。 このことを通称ブラックと云います。 これ以降、金融機関等からの 借入が困難になります。
[ 4 ] 差押
差押とは担保権実行の為の手段であり、債権者が競売開始を申し立てた時点で不動産に設定される登記です。 以後、不動産の所有者は不動産を自由に処分することが出来なくなります。
[ 5 ] 競売
不良債権となった債務の最終処理の手段です。 競売を阻止することは出来ません。
[ 6 ] 入札
競売の最終段階です。 実務的には期間入札が間近に迫ると、任意売却に応じてもらえない事が多くなります。 (原則的には開札の前日まで応じてもらえるはずですが。)
[ 7 ] 立退き
落札者との金銭的な話し合いに応じて物件を引渡すか、あるいは話し合いに応じず立ち退きを拒むか。 どちらの場合にも占有を続ける正当な権限がありませんので、いずれは立退かざるを得なくなります。 強制執行もあり得ます。
時系列的にみる競売
住宅ローンの滞納が始まって3ヵ月 ~ 6ヵ月後に期限の利益を喪失となります。
この期間は金融機関により大きく異なります。
競売開始決定通知が届きます
競売開始決定通知が郵送されてから約10ヵ月後には立ち退きとなります。 競売になってから約10ヵ月後には、自宅からの退去をもとめられます。


競売の流れのトップ »