期限の利益の喪失と復活

期限の利益とはローンを分割で返済する権利

失ってしまった分割返済の権利を戻せる金融機関もあります

【ご相談内容】
平成20年1月19日付けで督促状が届きました。 延滞利息の解消がなされない場合は、全国銀行個人信用センターに延滞情報が登録されるとの内容でした。

私が上の件を知ったのは、3月19日の午後4時頃、ローン債権回収会社の人が家を訪ねて来て、初めて知った話でした。 毎月の支払は、父に口座に振り込むよう手渡しで渡していましが、問い正してみましたら、平成19年8月から振り込んでいないとのこと。 そして、ローン債権回収会社からの私宛の内容証明(督促状の前にも2通)も勝手に開き、届いている事や内容も、全て隠していまいた。

ローン債権回収会社の人には、延滞していることや内容証明が届いていた事などまったく知らなく、月々の支払は1度も一月として遅らせたことはなかった とは、言いましたが、延滞金の一括返済と固定資産税の滞納分の支払方法を説明してクリア(上司との相談で了解を受ける)にならなければ、競売の手続き に向かいますと言われました。

そこでその言葉が真実であるのなら、期限の利益は、まだ生きているのでしょうか?
延滞損害金は、収めたが残債の一括返済は、また別な物で延滞金は返済したが競売に向かってしまう話ではないでしょうか?
3月24日の午後1時には、現在の状況を説明に回収会社に身分証明と印鑑を持って行き、後日どう処理するのか返事をくれる事になっています。「期限の利益」の確認などとれるでしょうか? 担当者に喪失していない事を書いてもらい捺印してもらっておくとか。 相談が遅くなってしまって、返信いて頂くのが前後になるかと思いますが至急返信のほどよろしくお願い致します。

【ご要望】
家を手元に残したい


【ご質問にお答えさせていただきます。】
期限の利益が喪失しているかどうかはわかりませんが、期限の利益を喪失していれば、内容証明が届いているはずです。

また、担当者に電話すれば期限の利益を喪失しているかどうかは教えてくれるでしょう。 そして、仮に期限の利益を喪失していても、原則一括返済ですが、期限の利益の復活(元に戻す)の 手続きをしてくれる金融機関もありますので、駄目で元々で相談をしてみてください。

余談になりますが、多くの金融機関ではローン返済を滞らせる方々を嘘つきだと思っております。 どのような言い訳を並べても『ああ~、また色々と話を考えて言ってくれてるわ~』程度にしか捉えていません。

誠心誠意を尽くして事情を説明して誤解を解くことをお勧めいたします。



期限の利益の復活のトップ »