引越し代の任意売却コールセンター

住宅ローンの滞納

そこで任意での不動産売却をご提案します

競売の赤紙 住宅ローンの返済をするために、また新たに金利の高いお金を借りて住宅ローンの返済に回してはいませんよね? 低い金利の住宅ローンを返済 するのに高い金利で借金を増やす行為は絶対に駄目です
ローン返済が滞納続きで今後も改善する見込みが薄ければ、その不動産を手放すことを考えてはいかがでしょうか? 住宅ローンの残った不動産 を処分する方法に任意売却というのが有ります。
住宅ローンを延滞して銀行から期限の利益の喪失の通知を受け取ってしまわれた方、貴方にはもう全額一括返済の道しか残されておりま せん。 全額一括返済が不可能であれば、二者択一の選択肢しか有りません。 more »

住宅ローン地獄の日々

住宅ローンの破綻例

夜中の女性 山田さんという30才前後の女性からメールが入りました。 発信時刻は夜中の1時過ぎです。 メールでのお問い合せが入って来るのは、大体この時間が多く夜中にパソコンの前で悩んだ末に送ってきます。 内容は自分の・・・more »

任意売却の料金・費用

ご依頼人(債務者)様からは頂けません!

債務者がご依頼人の場合、ご依頼人様からは任意売却の料金は頂きません。 任意売却の料金は債権者/抵当権者の方からお支払いただいております。 着手金・調査費用などのお金ももちろん不要です。
債権者/抵当権者様からお支払頂いている任意売却の料金/費用は、不動産の売買価格 x 3% + 60,000円 + 消費税 です。
任意売却のご依頼を頂いて、決められた時間内に売却できなければ私たちはただ働きという事になります。 この間のかかった経費なども私たち業者 負担となります。 more »

任意売却終了後の残債務

不動産を処分しても借金は返済しきれません

任意で不動産物件を処分しても、住宅ローンと売買価格分の差額が残るのが普通です。 残る差額のことを残債務と言いますが、 この残債務は返済の義務が有ります。 任意売却コールセンターへご依頼をくださった方々の任意売却後の返済額につきましては ご依頼人の収支の状況を債権者様に十分にご説明をさせていただき、そしてご納得していたきまして月々の返済額を、ご依頼人様の出直しの人生 に何ら支障の起きない額でまとめさせて頂いております。 その額は人により5,000円とか,8,000円とか20,000円という方々も居ります。more »

任意売却のメリット

競売と比較した場合の任意売却のメリットということをご理解ください。
任意売却のメリットは以下のようなポイントとなります。
  • 市場価格に近い金額で売却できる
  • 販売を近隣の人に諸事情を知られずに済むことが多い
  • 滞納分の住民税・固定資産税を払ってくれる場合も有る
  • 抵当権抹消費用が債権者より支払ってもらえます
  • マンション等の滞納分管理費が有る場合の管理費(債権者により上限が設けられております)
  • 売却後の残債の返済方法を交渉してくれる
  • 引越し費用を負担してくれる事がある
  • 引越し期日を相談できる
  • 場合によって賃貸で住み続けることのできる買取方も出来る可能性が有ります
more »

任意売却のデメリット

ブラックリストになる
任意売却をしたからブラックリストになるのではないのです。 任売以前の問題の住宅ローンを滞納とかクレジットカートの支払い滞納でブラックリストになるのです。 お車のローン返済が滞ってもブラックリストです。

ブラックリストになる事を恐れて任意売却に踏み切れない方々がおりますが、たぶん、時すでに遅しかと考えます。 住宅ローン返済の督促状が届いた辺りで貴方は確実にブラックリストになっております。

これもデメリットと言えばデメリットになるのかもしれません、不動産を販売するということは、購入希望者が貴方の住まいを見に来るという事です。 その物件にお住まいでなければ問題は無いのですが、お住まいですと購入希望者との時間の調整に手間がかかると思います。 これはデメリットと いうよりも面倒くさいという部類でしょうか?  more »

引っ越し代

2007年5月以前は、お引っ越し代として100万円プラス残置物処理費用として30万円という金額が出ていた 時代が有りました。 しかし、現在ではそのような引っ越し代は夢のまた夢とお考えください。

住宅金融公庫から住宅金融支援機構と名称だけが変わったのではありません。 引っ越し費用などに関しても大きく変わってしまっております。

2007年5月以前であれば引っ越し代が出ますと明言出来ておりました。 しかし、今はお引っ越し代が100パーセントみてもらえるか否かの 明言ができません。 出してもらえるように努力しますとまでしか言えません。 とは言うものの、今までのところほぼ100パーセントの方々の 引っ越し代はみてもらえております。 しかし引越代は20万円から30万円前後とお考えください。more »